WebCamp(ウェブキャンプ)の費用はいくら?高い?安い?

ノートに家計簿をつけている育児中の主婦

何事も習い事には、多かれ少なかれお金がかかるものです。

どうせお金をかけるなら、質が良くて且つ安いものを選びたいのは当然です。

池袋にあるWebCamp (ウェブキャンプ)ではその2つを十分にカバーできていると言っていいでしょう。

気になる費用について深堀します。

WebCamp(ウェブキャンプ)の費用

まずWebCampでは2種類のコースがあります。

1か月と3か月コースの2つでどちらも週に1回スクールに通うのですが、3か月コースでは初月だけは週に2回となっていますね。

どちらもWebサイトの制作の知識を得ることができますが、3か月の方ではPhotoshopなどより多くのことを学べます。

Webデザインやプログラミングのスクールの相場は、10万円から高いところでは30万円と高額な金額設定がされています。

WebCampでも10万円以上の金額が設定されていますが、どちらも分割支払いが可能となっています。

どちらのコースも月に6千円以下の支払いで済むようになっていますので、お財布には優しいと言えるでしょう。

それに加えて、紹介割引や二人以上の受講をすることで10%割引になるといった特典も存在します。

その他の予算について

プログラミングスクールの費用が気になるわ。

WebCampにかかるのは受講料の他にもあります。

教材や資料などはカリキュラムの中で講師の方から提示されますが、何よりも必要になるのはパソコンでしょう

しかもスクールに持っていく必要があるので、必然的にノートパソコンになります。

主婦の方で自分専用のノートパソコンを持つ方はそこまで多くありません。

そんな人のためにWebCampでは、ノートパソコンを貸し出しています。

レンタル料金は月に1万円程度となっています。

レンタル期間中はパソコンを自宅にも持って帰っていいので、Web制作が捗りますね。

ただ、在宅でWeb制作を仕事として扱っていくならパソコンの購入を考えるのも一つの手でしょう。

長い目で見た場合の投資としてなら、一考しても良い買い物であると思います。

サポートがよいので高くはない!

WebCampの費用・受講料は決して安くありませんが、1か月の場合は最大42回、3か月は60回までと分割することで月の費用は安くなります。

また受講が終了した後もキャリア紹介などのアフターサポートがあることを考慮すると、決して無駄な投資では無いでしょう。

この機会を利用して、スキルアップを目指して頑張ってください。

渋谷にあるプログラミングスクールまとめ(プログラミングwoman)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です