熊谷真喜弁護士や税理士に相談~法律問題即座にカイケツ~

小槌

専門家に相談しよう

六法全書

人が亡くなると相続が発生します。故人が所有していた財産は配偶者、または子どもが相続することになっています。財産の移転に伴い課税される税金を相続税といいます。相続税を納める義務があるのは相続によって財産を取得した方です。相続する遺産の総額が一定額を超えると相続税申告を行い納税しなくてはなりません。相続税申告は相続の開始を知った翌日から10ヶ月以内に税務署に提出しなくてはなりません。提出と共に相続税も納める必要があります。
初めて相続税申告を行う方もいるでしょう。相続税申告や相続手続きなどは、専門的な知識が必要になります。税理士に相談して、相続税申告や相続手続きを行いましょう。インターネットで税理士事務所を検索できるので、どこの事務所に依頼したら良いのか分からない時はインターネットを活用すると良いです。また、税理士事務所のホームページには相続税申告や相続手続きに関する情報が分かりやすく丁寧に記載されています。また、税理士事務所によって無料相談を受付けている事務所もあるので、初めて利用する方でも気軽に安心して相談できるでしょう。税理士事務所では相続税申告に関すること以外にも遺言書の作成のサポートや不動産相続、相続によるトラブルの防ぎ方なども案内してくれます。相続が発生すると身内同士で争いが起こる可能性も考えられます。身内同士の争いを防ぐためにも相続が発生した時は、早急に税理士に相談しましょう。税理士は税の専門家です。「税」と名がつく悩みごとはすべてお任せです。