熊谷真喜弁護士や税理士に相談~法律問題即座にカイケツ~

小槌

損をしないためにも

天秤

交通事故に遭い、加害者の保険会社が提示する示談金の金額が低いというケースは少なくありません。保険会社から提示される示談金の金額が法律上で請求できる金額の最高額になることはあり得ないことです。保険会社は賠償金を払う側なので、示談金をなるべく低く提示します。そのため、提示された示談金が本来請求できるはずきの金額よりはるかに低いケースがあるのです。しかし、賠償金は弁護士に相談することで増額が期待できます。交通事故を弁護士に依頼することで2倍増額したケースも数多くあります。弁護士は示談金の増額だけでなく面倒な交渉も引き受けてくれます。加害者との交渉は相手が感情的になることも多く、精神的負担になる場合もあります。加害者の中には被害者との連絡を拒む方もいるので、コミュニケーションが取れないことも珍しくありません。加害者も被害者も法律に詳しくない場合は適正な示談金の金額が分からないので、話し合いで決めるのは難しいです。加害者の保険会社との交渉は、専門的な話し合いになり言いくるめられてしまう可能性もあります。
弁護士に交通事故の示談交渉を依頼することで、加害者の保険会社が提示した金額を十分に検討して的確に反論してもらえるだけでなく被害者は交通事故のケガの治療に専念できるというメリットがあります。面倒で煩わしい示談交渉も弁護士に任せてしまえば、精神的負担も軽くなりストレスからも解放されるでしょう。損をしないためにも、交通事故にあったら弁護士に相談しましょう。